2008年12月

2008年12月28日

昨夜はスペシャルワークショップにご参加くださりありがとうございました。

年の瀬にもかかわらず、40名ほどの方々にお集まりくださったことに、感激いたしました。
本当にありがとうございました。

今回のジョイニング・セッションでは、無価値感と、無力感がたくさん出てきていました。セッション自体は正味50分だったのですが、まるで何年もの間、無力感と格闘しているかのような感覚の中におり、そして、ついにはそこから抜け出して救いと恩恵に気づくことができました。
そのあとは、受け取りきれないほどの感謝が湧いてきました。
受け取りきれなかった分は、罪悪感・自己攻撃として経験した時間もありましたが、今こうしてブログを書いている今では、ただただ感謝です。

来てくださった皆さん、支えてくださったスタッフの方々、そして私を深く愛してくれる家族たちの、私への信頼と、この上ない忍耐と慈愛で、この日を迎えることができたのだと思いました。

まだまだ、恩返しをし足りない想いで今、胸がいっぱいです。


次回はもっともっともっと、いいものを作りますので、どうか待っててくださいね。

皆さんによって、私は、こんないいところまでやってこられたのだなと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

また皆さんとお会いできる日を、指折り数えてお待ちしています



cs_tada at 02:20